人気ブログランキング |
 
 

88ヶ所霊場への遍路道
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
各札所へリンク
第 1番 南蔵院
第 2番 松ヶ瀬阿弥陀堂
第 3番 城戸釈迦堂
第 4番 金出大日堂
第 5番 郷ノ原地蔵堂
第 6番 小浦薬師堂
第 7番 田ノ浦阿弥陀堂
第 8番 金剛の滝観音堂
第 9番 山王釈迦堂
第10番 切幡寺
第11番 山手薬師堂
第12番 千鶴寺
第13番 城戸大日堂
第14番 二ノ滝寺
第15番 妙音寺
第16番 呑山観音寺
第17番 山手薬師堂
第18番 篠栗恩山寺
第19番 篠栗地蔵堂
第20番 中ノ河内地蔵堂
第21番 高田虚空蔵堂
第22番 桐ノ木谷薬師堂
第23番 山王薬師堂
第24番 中ノ河内虚空蔵堂
第25番 秀善寺
第26番 薬師大寺
第27番 金出神峯寺
第28番 篠栗公園大日寺
第29番 荒田観音堂
第30番 田ノ浦斐玉堂
第31番 城戸文殊堂
第32番 高田十一面観音堂
第33番 本明院
第34番 宝山寺
第35番 珠林寺薬師堂
第36番 天王院
第37番 高田阿弥陀堂
第38番 丸尾観音堂
第39番 延命寺
第40番 一ノ滝寺
第41番 平原観音堂
第42番 中ノ河内仏木寺
第43番 明石寺
第44番 大宝寺
第45番 城戸ノ滝不動堂
第46番 岡部薬師堂
第47番 萩尾阿弥陀堂
第48番 中ノ河内観音堂
第49番 雷音寺
第50番 郷ノ原薬師堂
第51番 下町薬師堂
第52番 山手観音堂
第53番 桐ノ木谷阿弥陀堂
第54番 中町延命寺
第55番 桐ノ木谷大日堂
第56番 松ヶ瀬地蔵堂
第57番 田ノ浦栄福堂
第58番 大久保観音堂
第59番 田ノ浦薬師堂
第60番 神変寺
第61番 山王寺
第62番 遍照院
第63番 天狗岩山吉祥寺
第64番 荒田阿弥陀堂
第65番 三角寺
第66番 観音坂観音堂
第67番 山王薬師堂
第68番 岡部神恵院
第69番 高田観音堂
第70番 五塔の滝
第71番 城戸千手観音堂
第72番 田ノ浦拝師堂
第73番 山王釈迦堂
第74番 城戸病奪り薬師堂
第75番 紅葉ヶ谷薬師堂
第76番 萩尾薬師堂
第77番 山王薬師堂
第78番 山手阿弥陀堂
第79番 補陀洛寺
第80番 田ノ浦観音堂
第81番 二瀬川観音堂
第82番 鳥越観音堂
第83番 千手院
第84番 中町屋島寺
第85番 祖聖大寺
第86番 金出観音堂
第87番 弘照院
第88番 大久保薬師堂



フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:第4回目(12/9)( 19 )
|Top↑
第4回目(2005.12.9)
e0013408_21551856.jpg第4回目は、9:15 JR城戸南蔵院駅集合です。イキの良い7人衆での巡礼です。

当初予定実施日の12/6は朝から雨。また前夜からの雪で八木山峠が通行止めという悪天候もあって延期。2班に分かれての振り替えとなりました。

早速いつものように準備体操。大きく深呼吸して、いざ出発。
「その前に、地図でコースを説明します。」と案内人さん。

【巡拝コース】
第56番「松ヶ瀬地蔵堂」→第81番「二瀬川観音堂」→第75番「紅葉ヶ滝薬師堂」→第34番「宝山寺」→第5番「郷ノ原地蔵堂」→第50番「郷ノ原薬師堂」→第85番「祖聖大寺」→第12番「千鶴寺」→第88番「大久保薬師堂」→第58番「大久保観音堂」→第6番「小浦薬師堂」→第13番「城戸大日堂」→第3番「城戸釈迦堂」→第31番「城戸文殊堂」→第45番「城戸ノ滝不動堂」→第1番「南蔵院」→第71番「城戸千手観音堂」→第60番「神変寺」 (計18ヶ所)
e0013408_21222830.jpg

e0013408_0423288.jpg
【本日のお土産】
大久保薬師堂の梅干・干し柿
(撮影前にすでに少なくなってます)
自然の恵み・・・銀杏
by otomi88 | 2005-11-20 20:55 | 第4回目(12/9) |Top↑
第56番 松ヶ瀬地蔵堂
e0013408_23473146.jpg「は~い、渡りますよ~!!」の合図で、車の往来ばかりがやけに多い八木山の国道を一斉に渡ります。神妙に一列縦隊で300mほど行くと、本日の打ち始め、第56番札所「松ヶ瀬地蔵堂」です。ホッ。

階段の元に交通安全の碑です。まさに、実感のある言葉でした。

本尊は四国泰山寺から勧請の地蔵菩薩です。
e0013408_23395361.jpg
天保年間、この地に流行った熱病平癒のため招いた英彦山の山伏が、帰路この松ヶ瀬あたりで山賊に襲われました。そのうち一人は死の間際、献上金を谷間めがけてばらまいたそうです。その後、この辺りを掘ると天保銭が出たと伝わっています。

村人は、「ちりめん石」と呼ばれる供養石を安置して山伏の冥福を祈りました。
こんにちでも、この山伏の命日には供養祭が開かれています。
e0013408_3164299.jpg
本堂の右手には、籠り堂があり、なぜか一匹の木彫りの大蛇が鎮座しています。

蛇は、お金とも縁が深く、お参りした人が撫でていくのか、頭がつるつるに光っていました。

by otomi88 | 2005-11-20 20:54 | 第4回目(12/9) |Top↑
第81番 二瀬川観音堂
e0013408_0221860.jpg第56番から100m余り上ると、もう第81番札所「二瀬川観音堂」です。

本尊は四国白峰寺から勧請の千手観世音です。


堂前で、二瀬川と郷ノ原川が合流して、多々良川となります。

あら、大根が干してありますよ。
e0013408_0335749.jpg
e0013408_039365.jpg国道沿いに歩をすすめ、遍路道にはいりますと、残りの紅葉。

ここから、桜の名所・・・新吉野公園の七曲りです。私達は遍路道を行きます。

来年、桜が満開の頃、美味しいもんばセットで、またまいりましょうよ!!
e0013408_0412415.jpg

空はどんより曇っていますが風もなく、少し上れば心持ち汗ばみ、衣服調整。

「ちょっとだけよ・・・・・」といいながら脱ぐ雑学博士。見ているのはカメラだけです(苦笑)。

by otomi88 | 2005-11-20 20:53 | 第4回目(12/9) |Top↑
第75番 紅葉ヶ谷薬師堂
愛嬌のある目印の大仏の前を左手にあがると、紅葉ヶ滝の前にでます。

まあ、足元に赤ちゃんがしがみついていますよ。可愛いわね~。

マウスをおいてください。

e0013408_1302631.jpg紅葉ヶ滝は、篠栗霊場創設以来の古い滝場で、信者の信仰が特に篤いそうです。

滝行の信者は、手前の紅葉茶屋をお借りして更衣をすませるそうですよ。
e0013408_1271673.jpg
落ち着いた佇まいの第75番札所「紅葉ヶ谷薬師堂」です。幾多の変遷を経て、今ここに安住の地を得ています。本尊は薬師如来です。

by otomi88 | 2005-11-20 20:52 | 第4回目(12/9) |Top↑
第34番 宝山寺
紅葉ヶ滝からにっこり大仏まで戻ると、まもなく「宝山寺」です。

e0013408_2404351.jpg
e0013408_241658.jpg水子供養塔です。

天王院にもありましたね。それぞれ手作りの可愛らしい衣服を纏ってあたたかそう・・・。
篠栗にはいたるところに、水子供養がみられます。
e0013408_2413235.jpg男坂、女坂を登ると、第34番札所「宝山寺」本堂前です。








本尊は薬師如来です。

e0013408_2414512.jpg
e0013408_12135068.jpg本堂前には厳しい表情の山伏像がたち、黄金まき岩の看板がかっています。
(写真は案内人さんからいただきました。私は由来だけ撮って山伏像は撮り忘れ。ヤレヤレ)

その由来については、こちらをどうぞ。
クリック

by otomi88 | 2005-11-20 20:51 | 第4回目(12/9) |Top↑
第5番 郷ノ原地蔵堂
e0013408_15532368.jpg大きな蛙の石像のところで国道に別れを告げ、聖徳太子を祭る聖徳廟の坂を登ります。

ここには親戚のお墓があり、お参りの時間をいただきました。
みなさん、有難うございました。

さて、次第に展望が開けてきます。
高いポプラの木の下が、第5番札所「郷ノ原地蔵堂」(本尊は地蔵菩薩)です。
e0013408_15534848.jpg
e0013408_1610259.jpgここのご真言は、『おんかかかびさんまえいそわか』です。

実家のお隣りのお寺にも子育地蔵がありまして、このご真言が掲げてありました。
意味もわからずに唱えてこの歳です。
e0013408_16104223.jpg

by otomi88 | 2005-11-20 20:50 | 第4回目(12/9) |Top↑
第50番 郷ノ原薬師堂
e0013408_1652427.jpg

e0013408_1630660.jpg第5番から数十m行くと、第50番札所「郷ノ原薬師堂」です。残り雪がありますね。

この郷ノ原一帯は英彦山の行者の峰入りルートに当り、「郷の原」の地名の由来は、「行の原」からきているといわれています。

ご本尊薬師如来は眼病に霊験あらたかで、「め」の字を歳の数だけ書いた願掛けがありましたね。

by otomi88 | 2005-11-20 20:49 | 第4回目(12/9) |Top↑
第85番 祖聖大寺
e0013408_16583998.jpg第50番のお隣さんが大きなお寺・・・第85番札所「祖聖大寺」です。

本尊は四国八栗寺勧請の聖観世音です。



e0013408_16591692.jpg
e0013408_1659168.jpg
願掛け寺として名声高く、運鈴も下がっていました。
五色の吹貫がきれいですね。この色は一体何を表しているのかしら?

のちに西区よかとこ案内人さんがメールで丁寧に教えてくださいました。
こんな道中の語らいが、巡礼の醍醐味でもありますね。
白(お釈迦様の歯の色)・・・信心・平等
赤(   〃   血の色)・・・精進・本質
黄(   〃  身体の色)・・・念・記憶・無差別
青(   〃   髪の色)・・・禅定・精神統一
紫(   〃  袈裟の色)・・・智慧・悟り・違い

by otomi88 | 2005-11-20 20:48 | 第4回目(12/9) |Top↑
第12番 千鶴寺
e0013408_17262727.jpg次は郷ノ原川沿いに奥へ奥へと分け入って行きます。

朱塗りの階段が見えたら、第12番「千鶴寺」です。本尊は、四国焼山寺勧請の虚空蔵菩薩です。参道にはふくろうが多いですね。

e0013408_17452417.jpg




そう、このお寺はふくろうと大きなセントバーナード犬が出迎えてくれるのです。
e0013408_18235315.jpg


e0013408_18271424.jpg








千鶴寺本堂です。

黒田藩の食客に三宅千鶴(ちづる)という剣豪がいました。ここの滝に打たれて、剣の極意を会得し、この地に住まうようになりました。土地の人は、彼を慕ってこの滝を千鶴ガ滝と呼びならわしたそうです。

「札所はこの裏手ですよ。」 みなさん、知らずに素通りの、第12番札所「千鶴寺」です。
e0013408_1844316.jpg
e0013408_18501755.jpgこの千鶴ガ滝は、五剣ノ滝、紅葉ヶ滝と合わせて、郷ノ原川の禊の三滝と、呼ばれています。

by otomi88 | 2005-11-20 20:47 | 第4回目(12/9) |Top↑
第88番 大久保薬師堂
「ここからは、ずっと下りですよ~。」
ここから次の大久保薬師堂まで約1.5km。
ところがこの山間の舗装路は、まだ紅葉が綺麗でしてね。
どうぞクリックで拡大してご覧ください。
e0013408_19251223.jpg
e0013408_19253263.jpg
e0013408_19254853.jpg
e0013408_1928476.jpg「こんな格好で、失礼。m(__)m」

またまた銀杏拾いです。
「今日のほうが大きいわね~。」と私。

「もう、おわり!!」の号令がかかるまで、拾っていたのは誰でしょうか?
嬉しい嬉しいお接待です。

やれやれ、やっと第88番札所「大久保薬師堂」(本尊薬師如来)に着きました。
ここで熱~い玄米茶の接待を受けました。心身にしみわたるようでした。感謝。
e0013408_19391422.jpg
e0013408_1944786.jpg「薬師水」もいただいて、また元気に下山。

まろやかなお水でした。

ここで梅干、干し柿をゲット。
「ここの梅干は安くておすすめですよ。」と案内人さん。

by otomi88 | 2005-11-20 20:46 | 第4回目(12/9) |Top↑