人気ブログランキング |
 
 

88ヶ所霊場への遍路道
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
各札所へリンク
第 1番 南蔵院
第 2番 松ヶ瀬阿弥陀堂
第 3番 城戸釈迦堂
第 4番 金出大日堂
第 5番 郷ノ原地蔵堂
第 6番 小浦薬師堂
第 7番 田ノ浦阿弥陀堂
第 8番 金剛の滝観音堂
第 9番 山王釈迦堂
第10番 切幡寺
第11番 山手薬師堂
第12番 千鶴寺
第13番 城戸大日堂
第14番 二ノ滝寺
第15番 妙音寺
第16番 呑山観音寺
第17番 山手薬師堂
第18番 篠栗恩山寺
第19番 篠栗地蔵堂
第20番 中ノ河内地蔵堂
第21番 高田虚空蔵堂
第22番 桐ノ木谷薬師堂
第23番 山王薬師堂
第24番 中ノ河内虚空蔵堂
第25番 秀善寺
第26番 薬師大寺
第27番 金出神峯寺
第28番 篠栗公園大日寺
第29番 荒田観音堂
第30番 田ノ浦斐玉堂
第31番 城戸文殊堂
第32番 高田十一面観音堂
第33番 本明院
第34番 宝山寺
第35番 珠林寺薬師堂
第36番 天王院
第37番 高田阿弥陀堂
第38番 丸尾観音堂
第39番 延命寺
第40番 一ノ滝寺
第41番 平原観音堂
第42番 中ノ河内仏木寺
第43番 明石寺
第44番 大宝寺
第45番 城戸ノ滝不動堂
第46番 岡部薬師堂
第47番 萩尾阿弥陀堂
第48番 中ノ河内観音堂
第49番 雷音寺
第50番 郷ノ原薬師堂
第51番 下町薬師堂
第52番 山手観音堂
第53番 桐ノ木谷阿弥陀堂
第54番 中町延命寺
第55番 桐ノ木谷大日堂
第56番 松ヶ瀬地蔵堂
第57番 田ノ浦栄福堂
第58番 大久保観音堂
第59番 田ノ浦薬師堂
第60番 神変寺
第61番 山王寺
第62番 遍照院
第63番 天狗岩山吉祥寺
第64番 荒田阿弥陀堂
第65番 三角寺
第66番 観音坂観音堂
第67番 山王薬師堂
第68番 岡部神恵院
第69番 高田観音堂
第70番 五塔の滝
第71番 城戸千手観音堂
第72番 田ノ浦拝師堂
第73番 山王釈迦堂
第74番 城戸病奪り薬師堂
第75番 紅葉ヶ谷薬師堂
第76番 萩尾薬師堂
第77番 山王薬師堂
第78番 山手阿弥陀堂
第79番 補陀洛寺
第80番 田ノ浦観音堂
第81番 二瀬川観音堂
第82番 鳥越観音堂
第83番 千手院
第84番 中町屋島寺
第85番 祖聖大寺
第86番 金出観音堂
第87番 弘照院
第88番 大久保薬師堂



フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:第6回目(1/24結願)( 11 )
|Top↑
第6回目(2006.1.24)・・・結願しました!!
待ちに待った結願の巡礼です。10時筑前山手駅に集合。

e0013408_22243877.jpg天気はまたまた快晴!!
ただ鉄閣寺のかなたの若杉山には雪がみられますね。篠栗観光課に問い合わせたところ、米の山展望台方面は積雪で途中の金剛院ぐらいまでしか、車は通行できないそうです。

従って、奥の院参拝は中止となりました。残念。またの機会の楽しみにしたいと思います。蛇足ながら、この鉄閣寺の扁額「鉄閣」の鉄は、バブル全盛時代に立てた篠栗町の鉄鋼加工メーカーに由来するそうですよ。

さて気をとりなおしてと、本日の残り10ヶ所の札所は、筑前山手駅から篠栗駅までの国道沿いの町中の霊場にあります。

【本日のコース】
第77番「山王薬師堂」→第39番「延命寺」→第19番「篠栗地蔵堂」→第62番「遍照院」→第18番「篠栗恩山寺」→第84番「中町屋島寺」→第28番「篠栗公園大日寺」→第54番「中町延命寺」→第51番「下町薬師堂」→第79番「補陀洛寺」(計10ヶ所)

e0013408_0305489.jpg

by otomi88 | 2005-11-19 19:59 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第77番 山王薬師堂
e0013408_2246164.jpg国道をルンルンで歩き始めます。

実は旧道に曲がるところ、余りの青空につられて次の札所「延命寺」まで行って気づきました。

そこから旧道に引き返し、電車の時刻を間違えて乗り遅れた人・篠栗駅に車を置いてきた人達とやっと出会えたのが、第77番札所「山王薬師堂」です。
e0013408_237138.jpg
本尊は薬師如来です。この札所は讃岐の道隆寺からお砂を貰い受け、この地に創設したのが始まりです。

「皆さん、おはようございます。今日はいよいよ結願です。がんばってお参りしましょう!!」と案内人さん。本日参加は15名です。

by otomi88 | 2005-11-19 19:18 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第39番 延命寺
国道を西にさらに進むと、第39番札所「延命寺」です。
石段を上ると、右手に大師堂があります。今朝は霜がおり、甕の水も凍ってました。
e0013408_04329.jpg
e0013408_031548.jpg

e0013408_053789.jpg境内には、薬壷から水を吹く薬師像、その対面にイトウテルミー(健康療法)の発明者伊藤金逸博士の頌徳碑があります。画像をクリックで拡大します。

四国のほうの延命寺境内に住んでいた赤亀が突然姿を消し、竜宮城から銅鐘(県重要文化財)を背負って戻ってきたという伝説に由来しています。
e0013408_055488.jpg
札所はさらに一段高いところにあり、本尊薬師如来「厄除け願かけ薬師」と呼ばれて、信者も多いそうですよ。
e0013408_0291646.jpg


by otomi88 | 2005-11-19 19:17 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第19番 篠栗地蔵堂
次の第19番「篠栗地蔵堂」までは200mあまりです。
e0013408_05351100.jpg
e0013408_0542245.jpg本尊地蔵菩薩の台座には日ノ浦伊助と初代守堂者の名が刻まれており、藤木藤助とともに、篠栗霊場創設に力を尽くして人でした。

本尊を勧請した四国19番立江寺は関所寺の一つとして知られています。
篠栗霊場では、16番の呑山観音寺が関所寺とされています。

左メニューの下に検索がありますので、このブログ内のテキストを検索することができますよ。

珍しや黄色のナンテンがありました。e0013408_1195617.jpg

by otomi88 | 2005-11-19 19:16 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第62番 遍照院
さらに国道を行くと、立派な山門がみえてきます。
第62番札所「遍照院」です。
e0013408_1464431.jpg本尊は四国宝珠寺より勧請の十一面観世音です。

遍照院は博多東長寺の末寺で、櫛田神社の境内にあったのが、明治初期の神仏分離でここ篠栗上町に移されたそうですよ。

まぁ、ビックリ!! 本堂の右手に大きな修行大師像が見えます。篠栗第一の大きさのコンクリート像(高さ11m)です。

e0013408_150285.jpg
下は羅漢窟になっていて、胎内巡りができますよ(写真の上をオンマウス)。
羅漢窟の説明。



by otomi88 | 2005-11-19 19:15 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第18番 篠栗恩山寺
e0013408_2324713.jpg
遍照院の裏手から舗装の坂道を上がって行きます。赤い実の付いた樹の奥に、第18番札所「恩山寺」(本尊薬師如来)があります。眼病平癒のお薬師様として、信者の多い札所です。

この赤い実はなんでしょう? 画像をクリックで拡大します。

サンシュユ(山茱萸)の実でした。
こんな自然との語らいが巡礼の妙味ですね。

by otomi88 | 2005-11-19 19:14 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第84番 中町屋島寺
e0013408_1726340.jpg恩山寺から途中茶屋跡を見て、旧街道に出ます。川が流れ、古い家並みの落ち着いた街道です。

e0013408_1727597.jpg



土蔵造りの旧家の玄関前に篠栗宿駅問屋跡碑がありました。黒田孝高が筑前領主の時、家臣母里浄甫に篠栗宿を作らせ、その宿駅問屋を営んでいた藤金作翁の屋敷です。

その先を左折。あら、若杉山のハングライダーが見えますよ。まもなく第84番「中町屋島寺(本尊千手観世音です。e0013408_17553635.jpg

槙や松など庭木や庭園は手入れが行き届いています。堂守さんは造園業だそうですね。納得。

e0013408_1804350.jpg

e0013408_1872259.jpg
e0013408_1874144.jpgぐるっと回って最後のお堂に聖観音・胸に丸い鏡を持つ心鏡観世音がありました。

『良心にそむいた悪の心は、鏡が曇る。その曇りはなかなか消えない』そうです。勿論曇る人はおらず、ほっと胸をなでおろした善男善女の歩こう会でございました。

by otomi88 | 2005-11-19 19:13 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第28番 篠栗公園大日堂
e0013408_18285789.jpgさて、篠栗小学校裏門、諏訪神社横を通って、今日一番遍路道らしい篠栗公園へと歩いてまいります。
この辺も桜の名所です。

目指すは、第28番札所「篠栗公園大日堂」(本尊大日如来)です。ここは代々尼僧の守堂者、初代の堂守は博多柳町で嬌名をはせた「あやめ」さんだそうです。

やはりね、霊場はいろいろなお花で満ち溢れ、ひと際華やかな雰囲気に包まれています。
e0013408_19131947.jpg
ところが、霊場で一番最初に目に入るのは、この大きな閻魔大王。日本最大の坐像だそうですよ。奥から、青鬼、婆鬼、赤鬼が控えてござる。くわっ。

e0013408_1995925.jpg
e0013408_19112397.jpg毎年8月16日に地獄のカマの蓋が開く日にお祭りがあるのですが・・・
やっぱり今のぞきたいわね。(←私も。)

by otomi88 | 2005-11-19 19:12 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第54番 中町延命寺
e0013408_19525891.jpg大日寺から打戻り、旧道をまた西へ進みます。
途中ロウバイの見事な家がありましたね。

約15分ほどで第54番札所「中町延命寺」に着きます。

左の13仏堂の奥が本堂です。本尊は四国延命寺から勧請の不動明王です。

不動明もまた仏様。さまざまな煩悩を焼き尽くし、悪魔を降伏し、願いを成就させ、そして長寿をお授けくださる・・・「大日如来」の使者と言われています。

目を怒らせ、右手には宝剣、左手には縄と大変恐ろしい姿をしておられますが、そのお心はやさしい慈愛に満ちています。

e0013408_19531997.jpg


by otomi88 | 2005-11-19 19:11 | 第6回目(1/24結願) |Top↑
第51番 下町薬師堂
さらに旧道を進み、町中へと左折すると、結願一つ前の第51番札所「下町薬師堂」につきます。数年前に右手の恵比寿屋旅館の前に移転しました。隣りは結願の札所「補陀洛寺」です。

本尊は薬師如来で、光背に化仏(けぶつ)を持つという珍しい仏様です。
e0013408_2095687.jpg


by otomi88 | 2005-11-19 19:10 | 第6回目(1/24結願) |Top↑